MENU

FX自動売買はスマホでできる?選び方は?メリットとデメリットを解説!

FXの自動売買はスマホでできる?
08229dd41de67c77899813e6a8603954ふく

FXの自動売買ってスマホでもできるの?

d30de1cfd6c23dd060eaceba2be4a887とよトム

スマホ対応しているFXの自動売買は増えているから、家にいなくても手軽に取引できるよ。

FX自動売買は、知識や経験がない初心者でもできる簡単で安定した投資です。

証券口座を開設し設定すれば後は複雑な操作はいらないので、コンパクトで手軽なスマホとの相性は抜群です。

この記事では、多くのFX自動売買アプリの中から稼ぎやすいアプリを選ぶコツやメリット、デメリットを解説します。

目次

FX自動売買はスマホで可能

FXの自動売買は、パソコンがなくてもスマホで運用することができます。

以下の項目から詳しく解説します。

  • FX自動売買のアプリの詳細
  • FX自動売買アプリは利便性が高い

FX自動売買のアプリの詳細

FXの自動売買とは、あらかじめ設定したプログラムに従いリピート注文を行うシステムです。

証券会社に口座を開設することで、トライオートFXやトラッキングトレード、EAなどのシステムが利用できます。取引の条件をシステム的に運用することから、システムトレードとも呼ばれます。

海外の証券会社でも、無料で口座を開設できます。国内の証券会社と比べてゼロカットでの資金面の保証などがあり便利ですが、口座維持手数料が発生する場合もあるので注意してください。

自動売買のツールを提供している証券会社の口座さえ開設すれば、後はパソコンでもスマホでも利用できます。スマホで利用する場合は、アプリをインストールする必要があります。

MT4を使う場合も、専用のアプリがあるのでスマホで利用可能です。また、証券会社によってはキャッシュバックなどお得なキャンペーンもありますので、チェックしてみてください。

FX自動売買アプリは利便性が高い

FXの自動売買は、知識がなくても始められる手軽な投資です。

証券会社があらかじめ成功しやすい設定を用意しており、既に成功した人の設定を真似ることができるからです。

FXの自動売買のアプリは、口座に資金を入金して設定を行えば、放置していても自動的に取引を行ってくれます。

初心者だけではなく自動売買の知識がある上級者であっても、自分の納得のいくプログラムにカスタマイズできるので、FX自動売買アプリの利便性は高いといえます。

FX自動売買アプリのタイプ

FX自動売買アプリのタイプは、大きく分けると以下の3つに分かれます。

  • リピート注文タイプ
  • ストラテジー選択タイプ
  • ストラテジー設定タイプ

タイプ別に解説します。

リピート注文タイプ

リピート注文タイプは「買い」「売り」「決済の値幅」等の条件を設定し、それに従って売買を自動で繰り返すタイプの自動売買アプリです。

リピート注文タイプは、相場の一方的な変動であるトレンド相場には弱く、行ったり来たりするレンジ相場に強いです。証券会社が簡単に運用できるプログラムを用意しており、初心者でも手軽に始めることができます。

裁量トレードに比べて確実性が高くかなり手堅く稼げる、初心者から上級者まで人気のあるシステムなのですが、ポジションを複数保有し続けるという性質上、ロスカットに弱く、証拠金を多めにして運用する必要があります。

ストラテジー選択タイプ

ストラテジーというのは取引戦略のことで、テクニカル分析を中心に分析・取引を行うプログラムのことです。

単純なリピート注文に加えて、独自の戦略が加わっています。

証券会社ごとに用意されているストラテジーを選択するだけで、資産運用を開始できるので、初心者にもおすすめです。

ストラテジー選択タイプでは細かい設定などは行えませんが、システムを運用することで、ストラテジーへの理解が深まり、自動売買に関する知識も深まります。

ストラテジー設定タイプ

ストラテジー設定タイプは、テクニカル分析などを中心に自分でストラテジーを作成するサービスです。

自動売買や相場に関して精通している上級者向けのサービスとなっています。自分で設定するので、FXをより深く勉強でき、詳しくなれる利点もあります。

細かい設定も行えて拡張性が高いので、自動売買をより効率的に行いたいという投資家におすすめです。

FX自動売買アプリを選ぶコツ

FX自動売買アプリを選ぶコツを以下の項目から解説します。

  • 実績
  • 手数料
  • 通貨ペア
  • タイプ

実績

アプリを選ぶ前に、必ず公開されている過去データのバックテストなどの成績やネットの口コミなどの評判・人気を調べましょう。アプリのランキングなども参考になります。

ただし、バックテストなどは都合よく改ざんされている場合もあるので、参考程度にとどめて鵜呑みにしないほうがよいです。

中には、詐欺やマルチ商法などもあるので下調べは重要です。実績と安全性を確認したうえで少額から運用しましょう。

手数料

自動売買では、取引の際にかかるスプレッドが裁量トレードだけの証券会社に比べて高めであることが多いので、確認しておく必要があります。

スプレッドが狭くても、片道2pipsなどの手数料がかかる場合もあります。

しかし、手数料は重視したほうがいいものの、目的は資産運用を行い実際にお金を稼ぐことにあるので、手数料が高いとしても実績などを考慮して総合的に成果が出るアプリを選択することを考えましょう。

タイプ

FXの知識はないけれど、すぐにでも自動売買で資産運用を始めたい場合は、リピート注文タイプかストラテジー選択タイプを選びましょう。

自動売買アプリには複数のタイプを選択できるものもあるので、同じアプリで3つのタイプの自動売買全てを行うことも可能です。

リピート注文タイプやストラテジー選択タイプでも、通貨ペアの選択やロスカットに気を付けて運用すれば、収益が上がる可能性は高いです。更に自動売買を効率よく行いたい場合は、ストラテジー設定タイプのアプリで運用しましょう。

FX自動売買アプリのメリット

FX自動売買アプリのメリットを裁量売買とアプリの違いという観点から、以下の項目で解説します。

  • 24時間自動でリピート注文を行う
  • 感情に左右されずに取引が可能
  • 知識や経験がゼロでも稼げる
  • スマホだけでいつでもどこでも手軽に取引可能

24時間自動でリピート注文を行う

裁量トレードと違い、自動売買の場合は、自分が画面を見てチャートに張り付いて売買を行う必要がありません。

プログラムによって1年中24時間自動でリピート注文を行うので、機会損失が発生しません。

放置で稼げるので、自動売買アプリで稼いでいる間に別の仕事や投資、趣味や家族との団らんに時間を使えるのは大きな利点です。また、勤務形態や勤務時間を問わず、誰でも投資が可能なのは、裁量取引との違いといえます。

自動売買ならば、東京・ロンドン・ニューヨークタイムはもちろん、それ以外の値動きも全てが取引チャンスとなります。

感情に左右されずに取引が可能

投資においては自分で確実性の高いルールをつくり、実験し検証を重ねることでルールの精度を高めていくのが基本になりますが、負けが込んで感情的になり衝動的な行動をしてしまうのはよくあることです。

しかし、衝動的な行動をしてしまってはルールの確立ができず、投資での成功は難しいといえます。

自動売買ならば、最初に設定を行えば、後は画面を見る必要がないので、比較的簡単にルール通りの取引が行えます。

ルール通りに取引が行えば投資の難しさは半減しますので、自動売買は初心者でも安心して稼ぎやすいといえるのです。

知識や経験がゼロでも稼げる

裁量トレードを行う場合は、テクニカル分析やファンダメンタル分析に頼ることになりますが、自動売買アプリの場合は、会社が用意したプログラムと既に成功している人の設定を真似れば知識や経験がゼロでも稼げます。

裁量トレードを行う場合は、指標や要人発言などによる相場の乱高下にも気を付けなければなりませんが、自動売買の場合は相場の乱高下はむしろ取引チャンスになります。

ロスカットを想定しつつ、政治・経済等の金融や地政学リスクにかかわるニュースは裁量トレードを行う時と同様にチェックしておきましょう。

スマホだけでいつでもどこでも手軽に取引可能

裁量トレードではパソコンの利用が推奨されますが、自動売買の場合は複雑な分析の必要性が薄いので、スマホでも十分なパフォーマンスを得ることができます。

スマホで手軽に取引を完結できるのが、自動売買の優秀な点の一つと言えます。

裁量トレードの場合は、値動きの確認が必要なので拘束時間が取られる可能性が高く、ちょっとした隙間にトレードを行う事は難しいです。しかし、自動売買の場合は価格の確認だけとなり、値動きの確認よりも時間がかかりません。

仕事中や外出先でも手軽に確認が行えるので、裁量トレードよりも身軽な投資方法といえます。

FX自動売買アプリのデメリット

FX自動売買アプリのデメリットを以下の項目で解説します。

  • トレンド相場に弱い
  • 画面が小さい

トレンド相場に弱い

自動売買の性質上、相場を行ったり来たりするレンジ相場のほうが利益を出しやすいです。

トレンドに対応するプログラムもありますが、そもそも相場の7割はレンジで3割がトレンドと言われているように、レンジに対応したプログラムの方が、長期に運用する前提の自動売買と相性が良いです。

相場の状況に応じて設定やプログラムを変えることで利益を最大化するという方法もありますが、放置による時間の節約という自動売買のメリットを捨てることになりかねません。

自分に合ったスタイルを見つけ、メンタルのことも考えつつ、自動売買で資産運用を行いましょう。

画面が小さい

スマホの場合はパソコンと比べて画面が小さく、細かい分析が困難です。

例えば、複数のチャートを比較したりする場合は、パソコンのほうが向いています。

自動売買アプリを探す際に、バックテストなどのデーターを参考にしますが、データーの比較をするときなどにも、画面は大きければ大きいほど良いです。

細部まではっきりと見えるし、複数の画面を出すことで比較がしやすいからです。

自動売買はスマホ運用にも向いていますが、ある程度の軌道に乗るまではパソコンで運用するトレーダーも多くいます。

自動売買アプリはスマホ一つで安全性の高い投資が実現できる

自動売買はロスカットに気を付けて証拠金を多くし、レバレッジを低くして運用すれば、確実性の高い投資となり、しかも放置しながら稼げる不労所得にかなり近い投資になります。

操作も簡単なので、スマホ一つでいつでもどこでも資産運用が行えるのです。

自動売買アプリをスマホで運用して、安全性の高い投資を実現させましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2児の父&投資家&ブロガー。米国株、ETF、FX、仮想通貨、NFTゲームなど幅広く投資を楽しむ30代。アンコ1足&コモン23足運用(うち妻が9足)のSTEPNエンジョイ勢。

目次