MENU

FXのEA(自動売買)で勝てる本物はある?身につけたい基礎知識

FXのEA(自動売買)は勝てる?
08229dd41de67c77899813e6a8603954ふく

FXのEAって本当に勝てるの?

d30de1cfd6c23dd060eaceba2be4a887とよトム

たくさんあるけど、勝てるEAは限られているよ。

FXのEAは稼げるのか、勝てるのか、と気になる投資家は多いと思います。

EAは途方もなく数が多く、中には詐欺のようなEAや情報商材も多いので、知識がないと勝てるEAを選ぶのは困難です。

知識がある程度あれば、勝てるEAを探すのは比較的簡単なので、まずは基礎知識を身につけましょう。

目次

FXのEAって何?自動売買とどう違う?

FXで自動売買を行うためには、EAを使うか、FX証券会社のシステムを利用するしかありません。

自動売買を行える方法について、以下の項目で解説します。

  • EAはMT4のプログラム
  • 自動売買を行うにはEAを使うかFX証券会社のシステムを使う

EAはMT4のプログラム

EAとは「Expert Advisor(エキスパート・アドバイザー)」の略で、MT4で自動売買を行うためのプログラムです。

EA単体では使えないので、MT4という世界中で一般的に使われているFX取引ツールに組み込む必要があります。

MT4は優れた取引ツールであり、多数のインジケーターやチャートツールに対応しています。

MT4で使えるEAは無料配布のものから有料のものまで非常にたくさんあり、日々開発者がより発展したEAを開発しているので増え続けています。

FXは、通常チャートを見ながら手動で売り買いを行うわけですが、EAを使えば、チャートを追わなくても、設定したプログラムに従って24時間1日中自動でトレードを繰り返すので、忙しい人のとっては最強の副業になります。

自動売買を行うにはEAを使うかFX証券会社のシステムを使う

FXの自動売買を行うために必要な方法は、以下の2つがあります。

  • FX証券会社のシステムを使う方法
  • MT4のEAを使う方法

手軽に始められるのはFX証券会社のシステムを使う方法で、MT4のEAを使う方法は証券会社を使うより利点は大きいですが、上級者向けとなります。

FX証券会社のシステムを使う方法

FX証券会社の自動売買システムは、会社に口座を開設すれば無料で利用できます。

国内のFX証券会社を利用する場合は、維持費もかからないことが多いです。

自動売買やFXについて全く知識がない人でも始められるように、最初から設定を提供している会社もあるので、知識がない初心者に向いています。

口座開設に必要な書類としては、本人確認書類等で、メールを受け取れるメールアドレスも必要です。

書類は、オンライン上にアップロードすることもできますし、郵送でも対応しています。

MT4のEAを使う方法

MT4を利用するためには、MT4をプラットフォームとして提供している証券会社を利用しなければなりません。

国内では、プラットフォームは自社開発のものが多いのですが、数は少ないものの、OANDA JAPANやFXTFなどMT4を利用できる会社も存在しています。

ただ、やはりMT4を利用する場合は、主に海外のFX証券会社を利用することになります。

国内の証券会社と比べ、性能的には海外のFX証券会社の方が優れている点は多いですが、税制的には、国内の証券会社のほうが安心できます。

証券会社によっては、EAを使う上で必須となるVPS(仮想専用サーバー)が無料であったり、有料で販売されているEAを無料で使えたりするので、EAを選ぶためには証券会社を厳選するとよいでしょう。

勝てるEAを選ぶポイントを解説

EAの利用自体がFX自動売買の上級者向けとなるので、勝てるEAを選ぶためには、前提として知識が必要になります。

以下の項目で勝てるEAを選ぶポイントを解説します。

  • 無料のEAを選ぶ
  • 理解できるロジックのEAを使う
  • 資金規模に適合するEAを選ぶ
  • フォワードテストを参考にする
  • 勝率だけではなく実績を確認する
  • VPSを利用する
  • 少額から運用する

無料のEAを選ぶ

証券会社を利用することで、本来有料だったEAが無料になることがあります。

完全に無料のEAは、どのようなロジックなのかなど、中身が不透明であることが多く公正性がありません。

かといって、有料のEAの場合でも詐欺であることも多いので、有料のEAを使えばよいというものでもありません。

EAは自作することもできますが難易度が高いので、まずは証券会社ごとに人気のあるEAがあるので評価の高い無料のEAを使いましょう。

理解できるロジックのEAを使う

どういった仕組みで自動売買をしているのかを理解することは大切です。

そのため、いきなりMT4でEAを使うのではなく、国内の自動売買ツールである、トラリピやトライオートFXなどを使い、自動売買のロジックに対する理解を深めてから、EAに移行するトレーダーが多いです。

EAには、トラリピ風のEAとかトライオートFX風のEAなどといった形で提供されているので、色々な証券会社を利用し、自動売買の知識を身につけると有利になります。

資金規模に適合するEAを選ぶ

自動売買において最も重要なことの一つが資金規模です。

利用するEAが前提としている資金量よりも多い資金で運用しないと、含み損に耐えきれずにロスカットされるリスクが高まります。

ロスカットされてしまうと、会社側に強制的に含み損のポジションも決済されてしまい、大損害を受けてしまいます。

元々、自動売買はコツコツと放置して長期的に稼ぐ前提で運用するものなので、ロスカットされてしまうと、稼いできた収益を簡単に吹き飛ばしかねないので注意が必要です。

例えば、10万円のお金での運用を推奨されているEAがあるとしたら、少なくとも30万円以上の証拠金でEAを運用するのが安心です。 

フォワードテストを参考にする

自動売買の成績を確認するためには、フォワードテストとバックテストの2種類がありますが、実際の相場での実績を確認できるフォワードテストは重要です。

フォワードテストは、実際の相場で運用した損益結果が分かり、スプレッドやスリップページ、スワップポイントも含めた完全にリアルなテストを行えます。

バックテストは、過去の為替データに当てはめた時の損益結果を算出できますが、良い結果が出るようにEAの条件を調整できるので、誤魔化しようがないフォワードテストを参考にした方がよいでしょう。

勝率だけではなく実績を確認する

短期的に勝率を叩き出すことを目的に作られたEAもたくさんあります。

そういったEAは、見た目の勝率は良いのですが、自動売買は長期的に運用する事が前提なので、自動売買には向かないものといえます。

勝率は確かに重要ですが、勝率がそこそこでも使われている実績が多く、長年投資家に愛されている評判のよいEAを使うことが重要です。

たまたま好成績を出しただけのEAに飛びつかず、長く使えるEAを探して慎重に運用する投資家の方が、成功する確率が高くなります。

VPSを利用する

MT4のEAを利用する場合、通常はパソコンを24時間つけっぱなしにして運用しなければなりません。

パソコンの電源を落としてしまうと、EAも停止してしまうからです。

しかし、パソコンをつけっぱなしにしていると電気代がかかり、不意の事故によって電源が落ちてしまう可能性も考えられます。

VPSとは、仮想専用サーバーのことで、パソコンの電源を入れっぱなしにしなくてもEAを稼働させることができるもので、月3,000円程度から利用できます。

証券会社によっては、VPSの使用が無料になるサービスもあるので、費用が気になる方は証券会社に確認してみましょう。

少額から運用する

フォワードテストで検証し、納得のいく結果が出たなら、証拠金を多めに口座に入れてたうえで、EAの運用自体は少額から始めましょう。

ロスカットを警戒しつつ、実際に運用しながら、含み損を抱える不安や利益が実際に出る感覚に慣れておきます。

裁量トレードに慣れた投資家ほどショックを受ける可能性は高いです。いきなり大金で行ってしまうと、精神的に受ける衝撃が大きくなり、思わぬ行動をとって失敗する投資家もいます。

徐々に運用資金を増やし、慣れていきましょう。

基礎知識を身に付け勝てるEAを運用しよう

国内証券会社の自動売買システムと比べ、海外FX業者を利用したEAの利点としては、手数料関係や約定力だけでなく、ゼロカットによる借金の発生を防げる点でしょう。

海外FX業者を利用した場合、税金は累進課税になるので高くなる可能性はありますが、ショック相場でもゼロカットされないのは自動売買の欠点を軽減するシステムなので、取り入れる投資家は多いです。

国内でもMT4を利用できる証券会社は存在するので、基礎知識を身につけた後は、自分に合った証券会社を利用し、勝てるEAで資産運用しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2児の父&投資家&ブロガー。米国株、ETF、FX、仮想通貨、NFTゲームなど幅広く投資を楽しむ30代。アンコ1足&コモン23足運用(うち妻が9足)のSTEPNエンジョイ勢。

目次