MENU

トラリピの証拠金維持率の目安は?回復できる?安定度を測定できる?

トラリピの証拠金維持率
08229dd41de67c77899813e6a8603954ふく

証拠金維持率は何%にしておけばいいの?

d30de1cfd6c23dd060eaceba2be4a887とよトム

安全な維持率って意外と知られていないよね。
投資スタイルによるんだけど、基本的なところを紹介していくよ。

トラリピを始めたばかりの人が、最初に気になるのは証拠金維持率の目安ではないでしょうか。

トラリピとはマネースクエアが提供するFXの自動売買ツールです。

  • 「トラリピでの証拠金維持率はどのくらいを目安にすればいいのか気になる」
  • 「維持率が下がってきたら、何か対処するべき?」

この記事では、トラリピの証拠金維持率の目安や回復法、損切りに対する考え方を紹介します。

トラリピの始め方は、トラリピの始め方!簡単に口座開設するやり方を紹介にまとめています。

\最短でトラリピ口座を開設する/

目次

トラリピの証拠金維持率の目安は? 

証拠金維持率とは、保有しているポジションに対しどのくらいの証拠金を持っているかの割合を指します。

証拠金維持率の計算方法を確認しておきましょう。

証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100

有効証拠金とは、口座残高に含み損益を合算した金額です。

ポジションを保有している状況では、証拠金に含み損・含み益を足し引きして計算します。

有効証拠金=証拠金+保有ポジションの含み損益

そのため証拠金維持率は保有中のポジションの相場によって、常に変動しています。急激な相場変動で証拠金維持率が一気に下がると、ロスカットのリスクが高まるため、証拠金維持率はとても重要な要素です。

ではトラリピの証拠金維持率は、いったいどのくらいを目安に保てばいいのでしょうか。

トラリピユーザーの平均値を参考にみてみましょう。

安全な証拠金維持率は運用によっても変わる

証拠金維持率が何%かを目安に考えがちですが、実は証拠金維持率の数字だけにとらわれるのも危険です。

なぜなら運用方法によって、証拠金維持率の安全性は変わるからです。

以下のポイントについて解説します。

  • 通常は証拠金維持率1000%
  • 相関に配慮すれば維持率は低くなる

通常は証拠金維持率1000% 

トラリピの証拠金維持率の目安は1000%といわれています。

これだけ証拠金維持率に余裕があれば、暴落してもロスカットに遭う危険性は低いと考えられているからです。

またトラリピユーザーの約半数が、証拠金維持率1000%を目安に運用している模様。

しかし、証拠金維持率の安全性は一概には考えられません。

少なくとも、運用方法によって安全な運用方法は異なります。

証拠金維持率を上げるなら、追加入金するかポジションを減らすかの二択です。

しかし、FXは無理のない範囲で運用していくのが鉄則です。

生活費に手をつけてまで入金するのはおすすめできませんので、自分の資金額と許容できる証拠金維持率に折り合いをつける必要があります。

相関に配慮すれば維持率は低くなる

通貨ペアの相関を考えてポジションを持っているなら、証拠金維持率は1000%以下でもそれほど心配はいらないでしょう。

相関関係とは、売りと買いの両ポジションを組み合わせた両建てのことです。

両建てをしているなら、リスクは最小限に抑えてあります。

両建ての注文直後は維持率が急激に下がるため、大きな不安を感じるでしょう。

しかし、徐々に証拠金維持率の変動は緩やかになり、低い証拠金維持率でもロスカットのリスクが低くなります。

たとえ大きな利益が望めなくても、中長期的な運用としては成功です。

メンタル的にも安定し、おおらかな気持ちで維持率に向き合えるようになるのも、この手法のメリットといえるでしょう。

滞在レートによって証拠金維持率が変わる 

トラリピでは、滞在レートによって証拠金維持率が変動します。滞在レートとは、トラップを仕掛けている期間中のレートを指します。

レートは常に上下していますが、レートと証拠金維持率の関係性を正しく理解しておかなくてはいけません。

  • 買いポジションではレンジの底に近づいたとき
  • 売りポジションではレンジの天井に近づいたとき
  • ハーフ&ハーフではレンジの天井と底に近づいたとき

上記の3つのケースで、証拠金維持率は低くなります。

レートの変動とともに証拠金維持率も変動するため、ある程度の証拠金維持率の低下は覚悟する必要があるでしょう。

もちろん相場が回復すれば証拠金維持率も回復するため、焦って損切りする必要はありません。

損切りするかどうかを慎重に判断し、後述する方法で効率よく証拠金維持率を上げましょう。

証拠金維持率の安定度を測定する方法ってある?

証拠金維持率が安定しているかどうかがわかれば、証拠金維持率の目安をどのくらいにするか、判断しやすいですよね。

トラリピでの証拠金維持率の安定度は、トラップを仕掛ける予定の通貨ペアレートを記録して確認します。

  • まず希望の通貨ペアと、取引予定の口座の証拠金維持率を記録
  • 数日後、通貨ペアレートと証拠金維持率、同じ内容を記録
  • レートと証拠金維持率を比較し、それぞれ高い方から低い方を引き算する
  • 証拠金維持率の差を通貨ペアレートの差で割る

この結果が10〜25程度の場合は、安定したトラリピ運用であると判断できます。

反対に40以上の結果が出た場合、トラリピ運用は不安定です。

証拠金維持率の変動も大きいと推測されます。

ただし、証拠金維持率は複雑な要素が絡み合った数字であり、計算結果のみで確実に判断できるものではありません。

計算は参考程度にとどめ、自分の証拠金維持率を注視してください。

トラリピの証拠金維持率を回復させる方法

証拠金維持率が低下すると、強制的にロスカットされ、大切な資金を失う事態になってしまいます。

ロスカットを防ぐには、証拠金維持率を回復させるしか方法がありません。

ここでは、トラリピの証拠金維持率を回復させる代表的な2つの方法を紹介します。

  • 含み損が少ないものから損切り
  • いくつポジションを解消するか

含み損が少ないものから損切り

含み損が膨らんだことにより、証拠金維持率は低下しています。

それならば含み損の金額が大きいものから損切りしていく方が、証拠金維持率は回復しそうですが、それは大きな誤解です。

いうまでもありませんが、損切りをおこなうとその含み損が確定されます。

同時にその瞬間、損切りしたポジションに紐づいていた必要証拠金が開放され、別のポジションの証拠金として使用できるようになります。

つまり含み損額の大小ではなく、必要証拠金の大小が証拠金維持率に深く関係しているのです。

そこで、含み損の少ないポジションから損切りし、必要証拠金を回収していきます。

含み損の少ないポジションを数多く損切りすることで、含み損の大きいポジションを損切りしたときより損失額は少なく、受け入れなくてはいけないダメージも小さくなります。

いくつポジションを解消するか 

含み損の少ないポジションから損切りするルールについては理解いただけたでしょうか。

それではいくつのポジションを損切りすればいいのか考えてみましょう。

10万円分の証拠金を確保したいと仮定します。

含み損の少ないポジションを下から順に決済していき、確定損額と開放された必要証拠金の額を加算していきましょう。

加算額が10万円に達したところで、損切りを終えます。

つまり必要な損切り本数は、評価損の額と必要証拠金の額を足した額が希望の証拠金になるまでの本数です。

証拠金維持率を回復させてロスカットを回避しよう 

トラリピの証拠金維持率は1000%を目安に考えているユーザーが約半数を占めることがわかりました。

しかし運用方法によって安全な証拠金維持率は変動し、通貨の相関関係を考慮している場合は、証拠金維持率がもう少し低くても安心です。

証拠金維持率は相場によって常に変動しているため、1000%はあくまでも目安です。

FXにおいて、資金管理は非常に重要です。自分の資金は自分で守るしかありません。

必要に応じて、適切なタイミングで損切りをおこない、ロスカットのリスクから大切な資金を守りましょう。

08229dd41de67c77899813e6a8603954ふく

時間がないけどFXで稼ぎたい人向け。

d30de1cfd6c23dd060eaceba2be4a887とよトム

今なら、定番の豪ドル/NZドルや話題の米ドル/カナダドルなど全16ペアから選び放題。

\最短でトラリピ口座を開設する/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2児の父&投資家&ブロガー。米国株、ETF、FX、仮想通貨、NFTゲームなど幅広く投資を楽しむ30代。アンコ1足&コモン23足運用(うち妻が9足)のSTEPNエンジョイ勢。

目次